ロマンを求めるポケモンたち

中堅&マイナー使いのエンジョイ勢がPTや育成論を公開してゆくブログ

パーティ紹介

物理ニンフィアに剣舞加速バトンするPT「バシャニンフィア」

無題


すてみタックルがメインウェポンのニンフィアが暴れまわるパーティ



スポンサーリンク

パーティ編成

【ハブ・馬車・ニンフィアたん・ハゲワシ・恐竜・棺桶】


★先発麻痺撒きハブネーク

ハブ

ひかえめCS
ヘドロウェーブ・あくのはどう・かえんほうしゃ・へびにらみ@タスキ

☆利点
起点作り兼アタッカー。先発に出して蛇睨みを撒く。すりぬけで身代わりも怖くない。
睨んだ後は広範囲技でそのまま殴ってもよし。相手を適度に削って退場することで後続の負担を減らせる。

★難点
鈍足&タスキ前提なので先発以外ではまず出せない。麻痺の効かない電気やタスキ貫通の先発ガルーラも苦手。

★剣舞加速バトンバシャーモ

バシャーモ

いじっぱりHSベース
ほのおのパンチ・つるぎのまい・みがわり・バトンタッチ@たべのこし

☆利点
ハブの死後に出し、痺れ待ちの身代わり連打から剣の舞を積んでいく。
適度に加速を積んだらバトンでニンフィアに繋ぐ。

★難点
ファイアローや身代わり貫通野郎やアクアジェット野郎が天敵。アローがいるときはそもそもニンフィア共々ささっていないので選出すら難しい。
さらにこの固体に限ってはミラクル交換か何かで手に入れたものを育成しただけなので攻撃個体値が低い。ほぼバトンしかしないので気にならないが。

★エース物理アタッカーニンフィア

ニンフ

いじっぱりHA
すてみタックル・でんこうせっか・からげんき・どくどく@せいれいプレート

☆利点
バトンから無双を狙う超火力アタッカー。バトンなしで普通に使っても意表をつけて結構戦えるが、剣舞加速バトンによりロマン度を上げていく。元のすばやさが低いので最低でも3回は加速したいところ。
意外にも電光石火があまり警戒されないので、死に出しの積み技持ちは積んでくることが多い。フェアリータックル→フェアリー石火で倒すパターンも多い。
さらに剣舞せずとも素の状態でもかなりの火力が出て、石火で無振りガブリアスを4割~5割ほど削る威力。
普通型とは違った戦い方ができて面白い一匹。

★難点
通常の特殊型と同じく鋼で止まる。鋼は特防>防御なのであちらはまだゴリ押しがきくが、こちらは完全に止まる。選出段階でフェアリーの通りが悪い場合は次のプランに移行する。

★追い風保険バルジーナ

バルジーナ

いじっぱりHAS
ブレイブバード・はたきおとす・ボーンラッシュ・おいかぜ@弱点保険

☆利点
ニンフィア軸が難しそうな場合や麻痺の効かない電気が先発に出てきそうな場合の第二案。先発で出して追い風サポートをしながら戦う。メジャー弱点&高い耐久&広範囲攻撃で弱点保険と相性がいい。
追い風→保険発動できればそのままアタッカーとして戦える。
努力値の振りはすばやさロトム抜き抜き、残りHP。不一致抜群なら余裕で耐え、メガライボルトクラスの10万も一発は耐える。高火力フェアリー以外ならばタイプ一致でもまず落ちない。
追い風サポート&アタッカーで、バルジーナを耐久型と見ている相手に一泡吹かせられる。

★難点
保険が発動しないと火力が出ないこと。一応タイプ一致ブレバや叩き落とすでのサポートもあるが、攻撃してくれない耐久型が相手だと何もできない。

★眼鏡アマルルガ

アマルルガ
 
ひかえめCS
ハイパーボイス・ブリーズドライ・げんしのちから・だいちのちから@こだわり眼鏡

☆利点
バルジーナの追い風か次案のトリルから無双を狙う。
スキン眼鏡フリーズボイスは脅威の威力でゴリ押しが可能。というか大声以外はほとんど打たない。
特殊耐久が高く不一致抜群程度なら一発耐える。すばやさ準速で丁度ロトム抜きになる。

★難点
弱点が多く物理が脆いので抜群をとられるとあっさり落ちる。

★トリルデスカーン

デスカーン

ずぶといHD
たたりめ・おにび・みちづれ・トリックルーム@メンタルハーブ

☆利点
第3案のトリル使い。アマルルガやニンフィアをサポートする。
特防振りでサザンドラの悪の波動も一発耐える(眼鏡は中乱数)。
さらにミイラによりガルーラをはじめとする特性依存の相手を牽制できる。ニンフィアと組む場合はうっかり伝染してしまうとこちらが機能停止させられるので注意。
バルジーナ→アマルルガ→デスカーン→アマルルガなどのスイッチ追い風トリルなどトリッキーなことも可能。そうなるともうパーティの趣旨が変わってくるが。
★難点
トリルからみちづれを決めたいところだが、耐久が高すぎて死なないことも多々。
トリルサポートというよりはほとんど自分用トリルになってしまいがち。

【総評】

物理ニンフィアはもともと使っていたポケモンでそれなりに強かったが、加速バトンしたら面白いんじゃないかと思って作ったパーティ。やっぱり無双が決まると気持ちがいい。
バシャーモ以外はあり合わせで組んだだけ(バシャも手抜き)だが、いい感じに機能して面白かった。
加速バトン自体成功すれば誰でも強くなる戦術だが、相手からしたら誰にバトンするのかパーティからは予想し辛いかもしれない。(加速だけならデスカーン以外誰でもありえるが、剣舞を見せると通常考えられる物理アタッカーの候補がハブしかいない)






スポンサーリンク

オーソドックスな「毒統一PT」




 
9b20b15cfab408e5b002ba0fb66afb42


言いたいこともいえないこんな世の中な毒パーティ




スポンサーリンク

【パーティ構成】
《コブラ・サソリ・ムカデ・エロゲンガー・キングオブニドラン・バナ》


麻痺撒きアーボック

アーボック

ようきHSベース 
いわなだれ・じしん・こおりのキバ・へびにらみ@シュカ

☆利点
主に先発に繰り出す蛇睨み要員のコブラ。後術のゲンガー戦術での布石その1。
ガブに対して地震をシュカで耐えて氷の牙で反撃。が、攻撃に重きを置いていないので倒せることはまずない。
★難点
攻撃技を色々持っているが麻痺撒きが役目なのであまり期待はできない。
積み対策にドラゴンテールを入れてもいいかもしれない。

妨害アタッカードラピオン

 ドラピオン

いじっぱりHA
はたきおとす・どくづき・じしん・がんせきふうじ@チョッキ

☆利点
先発に出し、はたきおとすや岩石封じで妨害工作をする斥候役。
広い攻撃範囲と両受け性能でじわじわと攻めていく。
★難点
高くはない攻撃力と一致技の威力の低さで火力はいまいち。

毒菱バトンペンドラー

ペンドラー

ようきAS
いわなだれ・どくびし・みがわり・バトンタッチ@タスキ
☆利点
ゲンガー軸の布石その2にしてパーティの要。
相手によって取れる戦術は様々。どくびしを撒いたりみがわりからバトンしたり。
また、対ファイアローに特化しており、先発で鉢合わせた場合はタスキで耐えて岩雪崩。そのためだけに雪崩を採用しているといっても過言ではない火の鳥絶対殺すマン。
★難点
役割特化なので役目が果たせないと負けの香りが濃くなる。

催眠たたりめメガゲンガー

ゲンガー

おくびょうCS
祟り目・きあいだま・さいみんじゅつ・ちょうはつ@メガ石

☆利点
このパーティにおけるエース。蛇睨みやどくびしで弱らせた相手にたたりめで畳み掛けるのがメインの戦術……のはずなのだが、催眠たたりめでも十分に強いので単体でも戦えてしまう。その強さゆえに後に管理人のガチパ入りを果たす。ゲンガーの型で一番強いんじゃないか催眠たたりめ。

★難点
催眠だよりなので外すときは外す。でも結構当ててくれるので勝率はなかなか。
全振り特攻130からのタイプ一致威力130は脅威的な威力で、さすがのクレセリアも一撃……とおもいきや、なんと乱数で耐えることがあるらしい。三日月の置物硬すぎんよ。

超スピードニドキング

ニドキング

ひかえめHC
ヘドロウェーブ・だいちのちから・れいとうビーム・かえんほうしゃ@命の珠
☆利点
ゲンガー軸と双璧をなすパーティのエースその2。ペンドラーからの加速バトンで繋ぎ、圧倒的攻撃範囲とゴリ押し特性をもって無双を狙う。
★難点
加速バトン前提なのでSではなくHに振っており、バトンできなかった場合には鈍足が響く。

やどみがフシギバナ

フシギバナ

ひかえめHBCDS調整
ギガドレイン・やどりぎのタネ・みがわり・まもる@ヘドロ
☆利点
メガじゃなくても普通に強い初代植物。
パーティの穴埋め的なポジションで、上記ポケで相手できない奴らを汎用性の高いやどみがで嵌め殺す。
事前にどくびしが撒いてあれば尚よし。
★難点
大抵は他のポケモンたちでどうにかなるので出番が滅多にないこと。
そもそもバナは草タイプメインで毒はおまけみたいな感じだから毒パに入れるのはなんとなく引っかかる気がするが、それをいったらゲンガーもry
 

【総評】

結論:ゲンガーで催眠当てればだいたい勝てる。





スポンサーリンク

地味タイプ多め「ホウエン中堅PT」

20140106102729


スポンサーリンク

マイナー寄り3世代統一
使用感は中々で、使い勝手が良くマイナーの中でもメジャーなポケモン揃いです。
ランク分けするなら

S 厨ポケ
A 強ポケ
B 中堅ポケ(メジャー)
C 中堅ポケ(マイナー)   ←この辺
D マイナーポケ(メジャー) ←この辺
E マイナーポケ(マイナー)


あと画像が荒くてごめんね。

【パーティ構成】
ハブ・ナマズ・パーマホタル・序盤犬・もこっち・太陽神


先発型ハブネーク

ハブネーク

ひかえめCS すりぬけ
ヘドロウェーブ・あくのはどう・かえんほうしゃ・へびにらみ@タスキ

☆利点
先発で繰り出し麻痺を撒く工作員。すりぬけで身代わり貫通なのがおいしい。
火力と攻撃範囲もなかなかで、へびにらみから押し切れることも多く、アタッカーとしても優秀。

★難点
タスキ前提なので先発以外ではまず出せない。
麻痺の効かない電気も初手で出されると辛いところ。

エースアタッカーグラエナ

グラエナ

いじっぱりAS じしんかじょう
ふいうち・かみくだく・ほのおのキバ・じゃれくつ@命の珠

☆利点
ハブの麻痺サポートから自信過剰発動→無双を狙う猛犬。
後述のジュペッタのトリルからも戦えるハイブリッド仕様、というかすばやさ準速でも遅い。
特性は威嚇と自信過剰があるが、隠れ特性である過剰が知られていない可能性もある=アタッカーとバレないかもしれないのはメリット。実際のところはどうかわからないが。

★難点
火力が足りない。自信過剰+珠でも落とせないことがあるのが悲しい。
序盤ポケの宿命なのか種族値が低いのが原因なのは明白。見た目強そうなのにね。

ダブル眼鏡イルミーゼ

イルミーゼ

ひかえめHCベース いろめがね
むしのさざめき・10万ボルト・みずのはどう・ギガドレイン@こだわりメガネ

☆利点
イルミーゼといえばいたずらごころが有名なので、その裏をかいてのアタッカー。
麻痺サポからでもいいし初手でくりだしてもいたずらごころを装えて良い。
技はほぼさざめきしか使わないので他はおまけ程度。

★難点
意表は付けるがそれだけ。耐久も並であっさり落とされるので一回動ければいいほう。
あと鳥が怖い。

トリルメガジュペッタ

ジュペッタ

いじっぱりHB おみとおし→いたずらごころ
シャドークロー・ちょうはつ・みちづれ・トリックルーム@メガ石

☆利点
トリル下でなんやかんやするアタッカー。
メガジュペッタはいたずらごころが注目されるが、攻撃種族値も165とかなり高い。
攻撃に振らずとも火力は十分で、その分防御に回すことで攻撃を耐えてトリックルームを貼れる。
初手は大体トリル選択なので、メガシンカ時にいたずらが発動できないデメリットも気にならない。
トリル下ならば鳥に先制してみちづれが撃てるのも強み。無理な相手は道連れで心中。

★難点
攻撃は高いが技の威力が低いのでアタッカーとしてはやはり物足りない感が否めない。
実質的にはサポート兼アタッカーになっている。

物理受けソルロック

ソルロック

わんぱくHBベース ふゆう
がんせきふうじ・じしん・おにび・いたみわけ@ゴツメ

☆利点
鬼火が打てる物理受け。がんせきふうじやいたみわけで嫌がらせする。
ふゆうで地面弱点が消えるのもおいしい。
★難点
弱点が多い。地面を抜いても6つもあり、物理受けとしては重い感が否めない。
その辺は技や立ち回りでごまかす感じになる。

チョッキフルアタナマズン

ナマズン

ずぶといHCベース きけんよち
ねっとう・だいちのちから・こごえるかぜ・じわれ@とつげきチョッキ

☆利点
耐久アタッカーどぜう。火力の低さを熱湯や凍風でごまかしながら戦う。
弱点がひとつだけで滅多に大ダメージを受けないのでわりと長生きする。その隙に地割れ連打でプレッシャーを与えていく。
★難点
やはり低い数値が響くときもあり、高火力との打ち合いには負ける。
さらに数値的には同タイプのラグラージの劣化感がぬぐえないので、差別点である地割れは必須になる。
洗濯機には勝てない。


【総評】 

マイナーゆえに何をしてくるかわからないのが強みで、相手の選択ミスを誘えて助かったということも多かった。
だが型が割れてしまえばそれまでで、スペックの差で押されることも仕方がないといったところ。 

しかし相手の油断を誘ったり動きをしっかりと読んで立ち回ればかなり良い戦いができ、実際に勝率もそれほど悪くはない。負けそうでも意外と勝てたりと、使っていて楽しいパーティだった。 

【その他のPT】
趣味パその1「地味目なタイプのPT」
物理ニンフィアに剣舞加速バトンするPT「バシャニンフィア」



スポンサーリンク

趣味パその1「地味目なタイプのPT」

30795846


炎や電気や水などメジャー寄り(当社比)ではなく、どちらかといえばサブ的にくっついてるタイプ?を集めた中堅パーティ。



スポンサーリンク

★パーティ編成
コウモリ・鉄蛇・バニー♂ボーイ・マージたん・ギエピー・厨二王子

【毒羽クロバット】

CA3G00020001

ようきHS せいしんりょく
ブレイブバード・はねやすめ・みがわり・どくどく@くろいヘドロ

☆利点
どくどくはねやすめ型。すばやさ130からの先制はねやすめ・みがわりでじわじわ削る。
耐久がなかなか高く、不一致抜群程度なら余裕で耐える。
耐久型ながら攻撃面もそれなりで、タイプ一致威力120技搭載。ヘドロやはねやすめで反動も気にならない。

★難点
クロバットはこの型と鉢巻型の2種類持っているが、相手の面子によっては鉢巻の火力が恋しくなるときがしばしばあるので選択。
さらに特性がなぜか精神力(鉢巻のほうはすりぬけ)で、エルフーンとかにみがわりされて辛かったことがあったのでそのうちすりぬけで作り直したい。

【みがわり型メガミミロップ】

CA3G00030001

ようきAS じゅうなん→きもったま
ドレインパンチ・ピヨピヨパンチ・みがわり・アンコール@メガ石

☆利点
非テンプレ構成のミミロ。ねこだまし読みで相手が交代したところにみがわりを張ってなんやかんやする。
補助技にはアンコ、ドレパンで回復、ピヨパンでたまに混乱。ドレパンとアンコがあるのでなかなかしぶとく生き延びてくれる。ギルガルド相手でもシールド縛ったり読み次第では勝てなくもない。
★難点
飛び膝や冷凍パンチがないので火力や攻撃範囲に難があるが、じわじわ攻める型なので致し方ない。

【ゾンビ型ムウマージ】

CA3G00050001

おくびょうHS ふゆう
たたりめ・おにび・みがわり・いたみわけ@たべのこし

☆利点
自身が愛用している型のマージ。上から鬼火を撒いて物理アタッカーをボロボロにする。
様子見&鬼火ダメージ稼ぎのみがわり、鬼火からのたたりめで大ダメージ、みがわりでHPが減ったらいたみわけ。
特にいたみわけはダメージ源&回復技として優秀で、1体倒す→2体目にいたみわけで何度でも復活する。まさにゾンビ。
さらにガルーラに非常に強く、テンプレ型なら完封可能。こちらも有効打がないが鬼火ダメージや先制みがわりもあるので圧倒的有利。

★難点
ダメージが鬼火便りなので火傷の効かない炎タイプが苦手。たたりめの効かないノーマル耐久も無理。上から殴られるのも厳しい。しかしこちらより遅く回復技を持っていなければだいたい競り勝てる。非常に汎用性が高い。
火力や素早さが高いゲンガーでも同じことができるが、こちらは弱点が少ない&特殊耐久が高いのでどちらが強いともいえない。

【頑丈保険ハガネール】

CA3G00060001

ゆうかんHA がんじょう
ジャイロボール・じしん・がんせきふうじ・だいばくはつ@じゃくてんほけん

☆利点
がんじょうで耐えて保険を発動して殴る鉄蛇。主に先発で出して、このパーティにとって重い水ロトム等を処理するのが役目。対面ロトムは即爆発。1:1交換が理想だが、鬼火とか打ってくると終わる。
GTS産でヘビーボール入りなのがすばらしい。
★難点
先制技を持っていないので折角保険が発動してもほとんど1回しか攻撃できないのが悲しい。

【工作員型ピクシー】

CA3G00040001













ずぶといHBベース てんねん
ムーンフォース・だいもんじ・でんじは・アンコール@リリバ

☆利点
先発で出してでんじはで妨害する。補助技にはアンコ。リリバで鋼技を耐えて、返しの大文字で焼き殺す。来いよハッサム。
XY初期でよく使っていたが、当時はてんねんピクシーがあまりが知られていなかったのか目の前で積み技を使う輩が多かったのがウケた。さすがに今となっては知れ渡っているみたいだが。
★難点
ピクシーに限ったことではないが、自分はでんじは主体の戦術のポケモンをよく使うのだが、電気タイプに通らなくなったのが本当に辛すぎる。BW時代ではボルトロスだろうがロトムだろうがバンバン麻痺らせていたのが、今や夢のあと。電気強化されすぎじゃないかな。

【特殊メガアブソル】

CA3G00070001














むじゃきCS きょううん→マジックミラー
あくのはどう・ふいうち・だいもんじ・れいとうビーム@メガ石

☆利点
国際孵化産色違い。個体値は見ての通り攻撃と特功以外はゴミ、すばやさがメガシンカして辛うじて105抜ける程度。でも折角の色違いだから使っている。アブソルだから最悪AとCがあれば戦えるしね。
あくのはどう主体に殴りつつサブの文字と冷凍で攻撃範囲も確保。ただひたすらに攻撃あるのみ。

★難点
脆い。低耐久低個体値であっさり死ぬ。
でもかっこいいから使う。色違いメガアブソル超かっこいいからね。

その他のPT
ネタと思わせて意外と戦える「見た目変態PT」






スポンサーリンク

ネタと思わせて意外と戦える 「見た目変態PT」

61468asidyL__SX425_


今日は見た目がアレだったりと、何かとネタ的な扱いをされるポケモンを集めたパーティ
初見で、「何だネタパか」と思わせて意外と侮れない奴らです

※過去に作ったゴミ固体も普通に流用するので個体値がいまいちな場合もあります



スポンサーリンク

★パーティ編成

マッギョ神・しましまタイツおじさん・ゴミトトロ・おしゃべりクソ野郎・木・変態双子アイス



【普通型マッギョ】

マッギョ

☆利点
何の変哲もないテンプレ型。テンプレ故に安定した仕事をするのでかなり強い
高い耐久と広い攻撃範囲で流行りの厨ポケの多くを相手にできる。ゲッコウガの珠波乗りでも一撃で沈まない
電磁波撒きからのなんやかんやで味方をサポート。地割れも完備で耐久相手も怖くない

★難点
特に不満点はないですが、天敵となるポケモンが存在します
それはフライゴン。奴相手にはどうすることもできないのでお手上げ。敵PTにいたら注意が必要です


【鉢巻ガメノデス】

ガメノデス

☆利点
先発専門の殻破しないフジツボ。いきなり高火力で殴っていけるので、殻破を警戒していた相手に一泡吹かせられる
Sぶっぱでそこそこ速く、攻撃範囲もそれなり

★難点
物理は硬いが特殊は脆い。先発でロトムや草タイプと鉢合わせるとどうしようもないです
まあそれらがいた場合は先発でバニラを出しますが


【スカーフダストダス】

ダストダス

☆利点
先発専門のダストシューター。ダスにゃんのスカーフはまず警戒されないので安定して一発ぶちかませる
スカーフ+悪臭+ロクブラの相性も○。敵わない相手と鉢合わせたら初っ端汚い花火安定

★難点
攻撃範囲が残念なことと出番が少ないこと
このPTでのこの子の役目はほぼ意表を付くことだけなので、先制して技を一度でも使えれば仕事をしたといえるでしょう


【かく乱型ペラップ】

ペラップ

☆利点
運ゲの申し子にしてこのPT唯一の見た目まともポケ。専売特許のおしゃべりから自爆を誘い、こちらは悠々と身代わり連打。補助技にはアンコール。
PT的な戦術としては、マッギョで麻痺撒きからのペラップが鉄板。麻痺+混乱+身代わり+発光パウダーを突破するのはもはや至難

★難点
そこそこの素早さがあるが、こちらよりも速い相手に対しては無力。粉回避に賭けるしかないです


【トリルアタッカーオーロット】

オーロット

☆利点
メジャーな収穫型の裏をかいたアタッカー。何気に攻撃範囲も広く、トリル後も自分で殴っていけるウッド戦士
オッカ装備で炎相手も怖くない。メガバシャのフレドラも乱数で耐えるので地震で返り討ちにできる

★難点
見た通り個体値が無残
GTSで交換した固体だから止む無し。一人じゃ作れないからね


【万能バイバニラ】

バイバニラ

☆利点
先発で臨機応変に活躍する水&ドラゴンキラー。使い勝手はなかなかに抜群。特殊相手にタスキミラコ。無理は相手は零度で瞬殺
このPTのテンプレ勝ちパターンは、先発バニラで一体+α持って行き、後発のマッギョとペラップで嵌め殺すという感じ。その選出が最も勝率が高い

★難点
柔軟に動けるが、攻撃範囲は狭く仮想敵ピンポイント気味。対峙しても高確率で逃げられて不利な相手が出てくることも多々。そんなときは零度で黙らせるのがよい
あと、何故か攻撃が逆V

その他のPT
趣味パその1「地味目なタイプのPT」





スポンサーリンク
プロフィール
管理人のトレーナー名は「しののめ」または「あたみ」

対戦の勝率は5割強ぐらい。